2019年05月15日

色眼鏡は持たない。

優れた作品を残せる善良な人が
最強なのはわかるけど、
どこまでもクズなのにいいもの作る人はいるし
どんなに善い人でも作品が残念なこともある。
私が選んでいいのなら
現実に公正でありたい。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2019年05月14日

呑ミュニケーション以前の問題。

日頃の理不尽な仕打ちを
なかったかのように開催される
会社の呑みの席が嫌いで
自分の送別会すらボイコットした私に
フリーになってから
よく仕事を振ってくれる友人が
会社の慰安旅行を断るレベルの同類と知り
今度一緒に呑みたい。
posted by dolo at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2019年05月13日

無駄知識が無駄じゃなくなる瞬間。

友達の展示を見に行って
なぜかその隣のブースの
初対面の作家さんと意気投合。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2019年05月12日

聞こえる静けさ。

全開の部屋の窓から
遠くのあちこちで生まれた騒音が
こんがらがってフェルト化したみたいに
うっすらほわーんと聞こえてくるのを
静かだなあと感じるのが好き。
posted by dolo at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2019年05月11日

モトを絶つのが多分ラク。

クレームを防ぐための方法で
クレームを回避するための本質的な確認と
非はこちらにない証明としての確認があるのを
別々の案件で同じタイミングで学ぶ。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2019年05月10日

既知と未知の潔い線引き。

自分の専門分野の知識量が凄まじく
何を聞いても答えてくれるのに
それでもまだ
「知らないことだらけでヤバイ...」
と目をキラキラさせる友達と
身近にある知らないこと話を約3時間。
畑違いだけど
何時間でも話せる気がする。
posted by dolo at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2019年05月09日

炊く前からいい匂い...

以前挑戦して
いまひとつだった筍ご飯が
今日はとても
とっても美味しく炊き上がったので
今年はなんだか
良い1年になりそう。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2019年05月08日

春じまい準備。

忙しかったりお天気悪かったりで
この頃全然乗れてなかったチャリで
無理矢理用事作って繰り出す片道1時間半。
ギリギリ見つけて
今年初のたけのこも茹でれた。
posted by dolo at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2019年05月07日

同業言語。

言葉がわかんなくても
図面は読める。
勉強したことないけど。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2019年05月06日

数出す。

他人の目を必要とされて
他人としての意見を披露。
答えを求められてるわけではないので
一瞬でも感じたことを
ちょっとでも可能性があることを
片っ端から並べてみせる役。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2019年05月05日

農業高校のある町。

昔迷って結局しなかったけど
やっぱり
早朝牧場バイトしとけばよかったな...。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2019年05月04日

歴女づいてきた...

子供の頃何度か遠足行ったし
先生の説明も聞いたはずなのに
地元の史跡は新しい発見だらけ。
地元の英雄の一生を
大河化してくれたらもっとわかるのに...
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2019年05月03日

遅いよ...

締め切りギリギリになって
ノリにノッてくる不思議。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2019年05月02日

末期の錯覚。

みんなが休んでる時間が
ダボついた時間に思えて
贅沢に溜め込んだ仕事を片付ける。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2019年05月01日

もし...

ラッキーにも
次の改元を経験できたとして
今日のこと
覚えてるかな。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2019年04月30日

平成大晦日。

お祝いできないムードで始まった平成が
感謝とお祝い感たっぷりに終わろうとしてる。
特別なことは何もないけど。
時代が終わって始まる時に
私と周りの人々は生きている。
平成天皇、素敵なイベントありがとね。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2019年04月29日

意識的に強制的に

各社多様な新しいサービスを
恐れず面倒臭がらず
少しずつ体得していこう。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2019年04月28日

精が出ますね。

うちのベランダの洗濯物から
ハンガーを盗もうとしているカラスを
現行犯で目撃。
盗られたくないけど
また来て欲しい気持ちはある。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2019年04月27日

見たことがあるようなないもの。

自分でなんとか
全部作り込もうとするんじゃなくて
見る人の記憶や
経験に期待するスタイル。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2019年04月26日

もはやあるある。

GW前になんとか!
と直前に息巻く依頼主は大抵
締め切りのスケジュールに挫折する。
私より先に。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2019年04月25日

思いつくだけの価値。

ひととおり提出したあとの
思いつきの追加が
見事に採用されちゃったりする。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2019年04月24日

歳食ったな...

贔屓目なしで観たライブの感想で
世間の評価との格差を痛感する。
楽しかったし
観れて嬉しかったけど。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2019年04月23日

あけすけ。

疑いたいのなら疑えばいいよ、
っていうのを前面に出す打ち合わせ。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2019年04月22日

無関心からの沼。

勝敗の結末がわかっている
史実ベースの大河ドラマ。
どちらを主役にするかで
どちらにも感情移入できるけど
敗者主役のダメージが大きすぎて
次の旅は
ゆかりの史跡巡りにしてしまいそう。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2019年04月21日

作家冥利。

全然違うルートの知人やお客さんが
私を経由して
何か同じものを共有している感じは
なかなか嬉しく心地よいもの。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2019年04月20日

ふわっとした確信。

「なんかいいとおもうの」
というお誘いは
絶対に信用できるか
完全に胡散臭いかの
どっちかだけど
今日のは
ちょっと
乗ってみたい
かな。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2019年04月19日

豆腐プラン。

限りなく徹夜に近い
早起きを以ってしても
辿り着けないスケジュール。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2019年04月18日

解釈格差。

久々朝ドラをリアタイで見てて
その後twitterで感想を見てる。
同じ15分間を共有してるはずなのに
受け取り方の格差が大きくて驚いてる。
自分の思う通りでないことに
不満を連ねる人は
見落としや勘違いがありがちだし、
一瞬の表情や仕草から
伏線や今後の展開を汲み取れる人もいる。
たった15分でこの格差なら
この世のどんな諍いも
起きて不思議ではないのかもしれない。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2019年04月17日

子。

すでに30匹以上描いた来年の干支。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2019年04月16日

イレギュラー。

削ぎ落として整える
のではなく
詰め込んで整える

意外と少ない?
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2019年04月15日

easy way.

何をすればいいのか
わかってるお仕事。
楽しくない時もあるけど
今日は助かる。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2019年04月14日

半日。

いい子でいられる限界。
読めない気持ち。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2019年04月13日

毎春の恒例。

半月違うだけで
別物の季節と景色。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2019年04月12日

丁寧で堂々と。

殺伐とした場所で
笑顔の対応を受けたので
見習って私も。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2019年04月11日

シンクロ。

小さな頃から
絵を描いてきてよかったと思えるのは
人の真似が許される年頃と時代に
大好きな絵の真似を存分にできたこと。
人の真似を褒められて嬉しい気持ちも
その上でオリジナルを描きたいと思う気持ちも
早い段階で味わえたこと。
実物のコピーではなく
そのものの持つ雰囲気や
コンセプトや意味合いを汲み取りながら
自分の解釈で
シンクロする手段を探せること。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary