2009年06月19日

め組の大吾を思い出した。

消防士さんは、
自分が火事場から無事に帰ってくるだけで
「生存者1名救助」
なのだそうです。
本当にその通りだと思います。

助けてあげられる自信はないけど、
まず自分の事は自分で。
posted by dolo at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | diary
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29919766

この記事へのトラックバック