2017年12月07日

知らない条件。

「地方出身のアーティストのパワーに
ついて行けず置いてかれる...」
と東京出身の作家仲間の友達が言っていて、
「東京の方が絶対的に有利なのに?」と聞いても
「そんなの条件は一緒だよ!」と言われた。

田舎の小さなコミュニティーでは
周りを見渡したときにたいして仲間もいなくて
どうしたら描けるのかもわからず見よう見真似。
なかなか画材屋もなくて
画材を手にとって比べる機会が少ないから
何を使えばいいのかわからず、
大学も専門学校も、美術予備校すら遠くて、
自分のやりたいことと
進路を擦り合わせる情報も少なく、
進学のために親を説得したり挫折したり、
美大進学できなくても、他業種に就職しても、
それでも描きたい一心で描いてる奴らに
そりゃかないっこないよなーと思った。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181795472

この記事へのトラックバック