2017年08月29日

坂街。

市場や赤レンガ倉庫街を走り抜ける
路面電車の一日乗車券には
スクラッチが導入されていて
一気にキャッチーな印象の函館。
古い倉庫を利用した観光施設脇の
ドンキと見紛うラッキーピエロで
函館っ子のソウルフードを味わう。
路面電車の終着駅から
人のいない漁港まで歩き、
顔がそっくりの一族猫が十数匹たむろする
ラーメン屋前で電車が来るまで時間を潰す。
見晴らしのよい急坂の上には
お寺と教会の特徴的な屋根が
仲良く並んで見える。
稚内から別行動だった友人と夕方合流し
レトロな銭湯とCO・OPをはしごした後
ロープウェイで夜景スポットへ。
観光地とローカルエリアが
狭い範囲でごちゃまぜになってる。
「地理的には熱海っぽいのになー」
みたいなちっちゃなライバル心なんて
すぐにかき消されちゃうくらいの
整然として壮観な夜景に酎ハイで乾杯。

posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | trip
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181139816

この記事へのトラックバック