2017年08月28日

コーヒーとトマト。

旅が始まってからきた
新規案件の緊急対応で、
急遽見つけた最寄りの喫茶店に飛び込み。

ドアを開けると
「靴を脱いでいただいても大丈夫ですか?」と
店の主人に言われる。
(しまった...こだわり珈琲店か...)
と思いつつ
「PCで作業させてもらっても大丈夫ですか?」
と逆に質問すると快くOKいただいた。
その上電源まで。

450円のコーヒーセットは
カップ1杯+サーモマグに入った
合計3杯分くらいのコーヒーと
キャンディー包みのチョコレートと
ココナッツサブレ、しるこサンドといった
愛着あるおやつ付き。

午前中の早い時間でお客はまだ私一人。
主人は私の仕事内容が気になるようで、
邪魔をしてはいけないと思う気持ちと
好奇心との間でポツリポツリと話しかけてくる。
適当に相槌を打ちつつ仕事を進めたかったけど
主人の前職の話になってそうもいかなくなった。

主人は元設計士さんで
主に博物館などの展示品としての空間演出や
復刻家具などを作る人だったらしい。
できてからまだそれほど経ってなさそうな
その喫茶店は主人の設計で、
昔の小学校をイメージして
玄関で靴を脱いで下駄箱に入れるスタイル、
窓にはうねりのあるレトロな輸入ガラス、
トイレには男子用の小便器と
ハイテクな最新洋式便器が不思議な連帯感で並び
壁にはアクセントにタイルが埋め込まれてて
小学校低学年用のような可愛らしさと懐かしさ。

しばらくして常連の奥様が一人いらして
そのうち主人の奥さんもいらして
よかったら...と
知人からいただいたという
無農薬のトマトをいただいた。
昨晩泊まった宿の主人も言ってたけど
北海道、何気にトマトの名産地らしく
とっても美味しい。

急な予定変更には時々
こんな素敵な出来事が隠されてることがある。

posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | trip
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181017998

この記事へのトラックバック