2015年10月27日

エンジョイ☆フェリー

朝、終点の港まで乗ったバスは
最終的に私1人の貸し切りに。
到着間際に運転手さんに
「バス、暑くなかったですか?」
みたいなことを方言まじりに聞かれる。
「朝は温度調節難しいですよね」
と笑いながらバックパックを担ぐ。

乗船まで時間があったので、
船の到着を岸壁で待つ。
私の他にも着岸を興味深く見つめる
ジャージのおじさんが一人。

乗船後はすぐに船室を通り抜けて、
最上階の展望台に出る。
結構な強風でも、
展望台ではあまり揺れは感じない。

先程一緒に着岸見学をしたおじさんが
途中で少し上がってきて、
「出港の時、舵どう切っとったかわかった?」
と首を傾げながら私に聞いてくる。
わからなかったけど、そういう話は好き。

昨日チャリで走った距離を海上から確認して
自分自身に若干恐怖を感じつつぼんやりと。

みんなが客室に戻って貸し切りになった展望台に
バックパックを置いたままトイレに立った時、
にやけたジャージおじさんに
「リュック隠しとこかと思たわ」
と言われたけど、
「手すりに鍵でくくってあったんで」
と笑顔の応戦。
「おおっと!」
と過去に経験の無いベタな返事。

切り返しながらの接岸も2人で観戦。
この人、普段
小型船を操縦してるんじゃないだろうか
と、なんとなく。

徳島⇔和歌山。
電車と造船の旅を締めくくる
2時間の船旅はあっという間に。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | trip
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166933088

この記事へのトラックバック