2018年03月11日

なにかできること。

駅のホームで
四肢に障害があるのか
歩行補助具を使う男性と、
彼の乗車を助けるために
駅スタッフのおじさんが並んで立ってるのを
向かいに止まった電車の中から見ていた。

しばらくして男性は
おじさんの手首をつかんだあと、
自分の手をおじさんの腕へと移動させていった。
おじさんが
「どうしたどうした?」みたいな顔になってたし
男性の唇が動いてなかったから
たぶん無言の行動だったんだと思う。
もしかしたら男性は
目もあまり見えてなかったのかもしれない。

そして男性はおじさんの肩を揉みだした。
数十秒の短い時間だったけど
肩を揉んでもらったおじさんは、
お返しなのか男性のこわばった手のひらを
マッサージするみたいに揉み返していた。

すぐに私が乗っていた電車が出発したので
その後はわからないけど、
涙がこぼれそうになって拭った。
花粉症でマスクをしていたので
その後も下車駅まで
何度か思い出しては
花粉症のフリで目を拭った。

今日は
「誰かのために
自分ができることをすればいい」
ということを思い出す日なのかも。
posted by dolo at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | diary