2018年02月24日

白黒つけない人たち。

「A案よりも踏み込んだ
新B案はどうでしょう?」
と提案したら
「問題ありません」
という返事が帰ってきた。
「どっちでもいい」じゃなくて、
どっちが適してるか聞いてるのよ。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2018年02月23日

どんな筋トレ?

想像力大事。
そして
それを
共有する力も大事。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2018年02月22日

遅くなってすいません。

って。
いいですよ。
私も遅くなりますから。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2018年02月21日

ディグり警報発令。

冬季オリンピックの話から
母が二十代前半で
ロシア民謡を聴き倒していたことが判明して
YouTubeでミックスリストを流しながら夕飯。
当時日本語で歌われてた曲も多いみたい。
寂しくて思いつめそうな出だしの曲でも
最後にはなぜか
「…ヘイッ︎!!」で締めくくりたくなる
不思議ご陽気曲多い。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2018年02月20日

行動で示すとああなる。

誰と一緒にやるにしても
どこに参加するにしても
自分の役割を考えつつ
やるのは自分だという
自覚を忘れないこと。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2018年02月19日

参考事例のない仕事。

意思の疎通に
全体の80%くらい費やした仕事が
そろそろ片付く。
一体自分は何屋なんだ?と思うけど、
形の見えないものに形を与えて
問題解決を目指すと言えば
かっこよく誇らしい仕事。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2018年02月18日

まかない作品。

みんなが使わない画材を使えば
それだけで個性になる。
昔、急場しのぎで買った
コンビニのノック式ボールペンが
思いの外快調でここ一番で投入。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2018年02月17日

無意識メリット。

同業種の人と仕事をして、
どうして私に仕事がもらえるのか
わかるときがある。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2018年02月16日

私にとっては恐怖。

わかったフリじゃなく
わかったと思い込んで
微塵も疑わないこと。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2018年02月15日

ある意味基本。

自分用には買えない
いかにも嗜好品ジャンルの
文房具を送りつけるの楽しい。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2018年02月14日

自称鉄分多め。

鉄道の要素全く無い作品なのに
鉄道マニアの方たちに好評だったりする。
匂いでわかるのかしら。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2018年02月13日

共感承認。

「いいね!」や「ステキ!」より
「わかるわー」の
表明ハードルの方が低いのかも。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2018年02月12日

特別な非特別感。

誰でもできるのにやらないことや
誰でも知ってるはずなのに
誰も思いつかないことが
ひらめいた時すごく嬉しい。
特別でなければないほど。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2018年02月11日

先入観のない楽園。

中途半端に仲のよい人より
全然知らない人の方が気楽な時がある。
最初は知らない人でも
つながる時はつながる。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2018年02月10日

素直に作れるようになってきた。

「かわいい」とか
「ステキ」とかではないジャンルの魅力を
共感できると嬉しい。
自分の作品だとなおさら。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2018年02月09日

良くも悪くも良き。

立てた予定が午前中の段階ですでに押しても
水曜どうでしょうを知っているから
別に慌てたりしない。
予定通りや成功だけではない日常を
おもしろくやり過ごす方法をたくさん学ぶ。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2018年02月08日

初めて%値。

初めてのことをするとき
100%初めてではないことに
気がついたらこっちのもの。
初めてではないことの寄せ集めで
なんとかできる歳になったのかも。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2018年02月07日

コーヒー党で甘党。

あの世では
1週間目からテストが始まるらしい。
叔父さんががんばれるように
コーヒーとどら焼きを差し入れ。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2018年02月06日

密林頼み。

資料として欲しい本があって
少し前の本なので
店頭にはなくてどこも取り寄せで
デジタルでも販売してるけど
やっぱり本で欲しいのでアマゾン。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2018年02月05日

お気楽に。

下町のご住職の執り行うお葬式は
ちょっとしたユルいリサイタルで
法話なんだかMCなんだかで
聞いてて途中でニヤニヤしてしまった。
これぐらいがいいのかもしれない。
posted by dolo at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2018年02月04日

心構え。

初めて見るものや
知らないものがあっても
怯えずひるまず
時には人を頼りながら
好奇心で乗り越えられればいいと思うの。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2018年02月03日

ズルなし。

なんか今年は意地で歳の数食べた豆。
posted by dolo at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2018年02月02日

ある実感とない実感。

叔父が亡くなった。
棺の中の叔父は
入院中伸び放題だった髭を
きれいに剃られていた。
結構似合ってたと思うんだけど。
リンカーンみたいで。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary

2018年02月01日

生きてた。

同じ時間に目を閉じていたのに
片や目が覚め
片や永遠に目覚めない。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary