2016年12月04日

嘘つき屋。

石膏デッサンなんて
受験以外何の役にも立たないんじゃないかと
思ったこともあるけど、
どんな影を描けば平面が立体に見えるのか、
どの方向に線を重ねれば面に見えるのか、
黒鉛筆でどうやって白いものを描き分けるのか、
人の目を騙すいろんな嘘のつき方を覚えたことが
ほとんどPCのデータ作業になった今も
本当に役に立ってる。
「こんな風に見えるようにしたい」から
「こうすればそう見えるはず」への設計訓練も。
今私が石膏デッサンをしたら
どんな風に描きあがるのか見てみたい。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary