2016年06月20日

模倣を越える。

何が一番いい方法か決める時、
今までは相手の都合や
客観的に
どう見えるかばかり考えていたけど、
今回は
自分の好みや手癖の中に潜む
澱み(よどみ)や灰汁(あく)のような
ヒトクセをひとさじ
滲み込ませる方向で、
と思うとこまで来たけど
今日の所はまだ怖じ気づいてる。
posted by dolo at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | diary